メニュー

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群とは、眠っているときに、「無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)」の状態が1時間あたり5回以上、または、7時間の睡眠の中で30回以上ある場合に診断される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
英語でSleep Apnea Syndromeといわれ、SASと略して呼ばれることもあります。

原因

呼吸する際の空気の通り道である気道が睡眠中に塞がってしまうことで呼吸ができなくなってしまいます。 とくに肥満の方は、のど周囲の気道が塞がりやすいと言われています。のど周辺に蓄積した脂肪により気道が狭くなるうえに、あおむけで寝ることでさらに気道が狭まるからです。そして、狭くなった気道を空気が通る際に、大きないびき音が出て、気道が完全に塞がれたときには、無呼吸状態となってしまいます。

SAS患者さん全体の60%以上に肥満はみられますが、SASは肥満の人だけではなく、「下あごが小さい、後退している」、「扁桃腺が大きい」などの、気道が狭くなりやすい人や、閉経後の女性や高齢者の方でもよく見られますので以下のような症状がある方は当院にご相談ください。

症状

  • 高血圧
  • 口やのどの渇き
  • 熟眠感がない
  • 就寝中の意識覚醒の短い反復、およびそれによる脳の不眠
  • 集中力の低下
  • 昼間の耐えがたい眠気や居眠り
  • 抑うつ
  • 頻回の中途覚醒 集中力の低下
  • (家族などが気づく)睡眠時の呼吸の停止
  • (家族などが気づく)大きな鼾(いびき)など
  • (家族などが気づく)夜間頻尿(2型糖尿病になりやすくなる)
  • 起床時の頭痛
  • インポテンツ(女性の場合は月経不順)
  • こむら返り
  • 糖尿病性昏睡

検査について

SASの検査には、簡易検査とポリソムノグラフィー(PSG)検査の2種類があります。SASの疑いのある患者さんにはまずは簡易検査を行っていただきます。簡易検査を行い、SASの症状が明らかな場合(AHI※が40以上の場合)、CPAP(睡眠時に使用する人工呼吸器)による治療対象となります。AHIが20以上40未満の場合、ポリソムノグラフィー(PSG)という精密検査の対象となり、患者さんのご希望があればPSG検査を行います。PSG検査を行い、医師が必要と判断した場合、CPAPによる治療を行います。

簡易検査

自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。自宅でもできる検査なので、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査することができます。検査結果は

治療について

症状にあわせて、CPAP装置を使った治療をメインに行っています。また、外科的治療が必要な場合もございますので、その場合は、近隣の信頼できる医療機関をご紹介いたします。

費用について

簡易検査
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME